引越しをするときには、荷・・・

皆さん、お元気ですか。引越しをするときには、荷物をダンボールにまとめていく作業は面倒でもやらなくてはいけないことです。コツをひとつあげるなら、重かったり壊れやすいというものは、小さなダンボールに、軽くてかさばるものを大きめの箱に入れていくというポイントです。また、荷物を詰めたダンボールには服や本という品名だけでなく、運んでもらいたい部屋も表記しておいたほうが引越しのときに大いに役立ってくれます。

東京から埼玉へ住まいを変えたとき、予定がタイトだったため、荷造りに一苦労でした。引越しの日取りは決まっているのに、荷造りの終わりが見えません。終わるのが間に合わなかったらどうしようかと不安で仕方がありませんでした。結局のところ、友人に三千円を譲渡して、助けてもらいました。引越しの時に行うガスの解約は、転居する日よりも前からお願いできるので、忘れないよう早急にインターネット等から依頼しておう方がベストです。気をつける事は、引越し当日に立ち会いを要することがあるので、時間を何時にするかに用心するようにしてください。引越し当日にやることは2つあります。ひとつめは、出ていく部屋では荷物を運び出してから管理会社の立会いで部屋のありさまを点検することです。ここでひどい汚れや傷の点検をしますが、この点検が敷金の相殺や別途クリーニング費用の請求に関係します。新居ではガスの元栓を開けることが必要です。これは業者の立ち合いが絶対です。自分も引っ越しをした際に車の免許の住所変更をしました。取り替えしないと、置き換えの手続きがスムーズに進みません。住民票を移動させるのと同様に早期に運転免許も変更しておいた方が後々が容易です。忘却せずに、執り行っておきましょう。

自分だけの引っ越しは自分と家族だけでやった方が、お金も安く済むし節約できると思うかもしれません。でも、本当は大物を運ぶには苦労しますし、すごく時間と労力を必要とするのです。それであれば、引っ越し業者の単身パックを依頼した方が安く済みますしさっさと楽にできるのでお勧めです。それでは、今日はこの辺で!ありがとう御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です