引越しをするとなると大変

こんにちは。お元気ですか?引越しをするとなると大変なのが掃除です。家具を運び出してから、家中を綺麗にするのはもちろんですが、その前から、少しずつでも整理しておくのが最終的に楽になります。ポイントは荷造りより先に、掃除からスタートすることだと思います。その結果、ラストに軽く掃除するだけできれいになります。

近距離の引越しの時は、大手の引越し業者に比べ、地元密着系の引越し業者がよりいい時もあるんじゃないかなと思います。地元密着型の引越し業者というのは、料金が安くて細かい要望にも応じてくれるところが多いです。実際、自分で運べるような荷物は自分で済ませてしまって、大型家具や家電のみ引越し業者に頼むと、引越し料金を節約できる可能性があります。今回の引越しのときには、住民票の処理は早めにしておくよう心がけていました。そのために、まず私が転出届の手続を行い、主人のほうが、引越しの当日中に転入届を転入先の役所へ、提出できるように段取りしてどたばたぜずに引越ししました。ただでさえ、引越しというものは多くの手続きや処理が必要なのでひとつひとつを忘れないように書き出しておいて計画的に進めることが必要だと思います。

私たちが埼玉県から東京に移り住む時、パソコンを荷物に入れパッキングするか悩みました。私は車を持っていたので、旦那が細かい荷物とか大切なものと、一緒にパソコンものせて新宿に運ぶことにしました。パソコンは精いっぱい梱包しても、万が一、誰かが作動させたら、個人情報がすごく入っているため、とても不安にかられたからです。

「引越しソバ」という慣習とは新居に引越しをした時にご近所への初めましての挨拶として配って回るものです。一度、わたしももらったことが確かにあります。ソバのように細く長く、長く続くご縁を今後ともお願い申し上げます。という感じのメッセージがあるようです。引越しをするときのコツとは、新居の間取りを念頭において、荷造りを行っていくというものです。段ボールなどに荷物を詰めていく時に、荷物をどの部屋に収納するのかをあらかじめ決めて、段ボールの見えるところに書いておくと新居へ着いてから余分な労力を省くことができます。その他、手続きを行う必要があるものは順に計画的にこなしていくと良いです。では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です