引越しをする上で注意すべ

いきなりですが、引越しをする上で注意すべき点は何点かありますが、特に大事なのはごみ収集日を覚えておくことではありませんでしょうか。引越し前の掃除の段階では、この日に合わせゴミをまとめましょう。紙類や資源ゴミといったものは収集日が、月に二度しかない地域もあるので、出し忘れると、面倒なことになります。姉が今住んでいるアパートから生まれた家の我が家に戻ってくることになりました。作業のため、私と母が、荷物を移動させる前日に移動準備の手伝いに行きました。10年も住んでいた部屋だからこそ、不用品の数が計り知れない事になっていました。使わないものを売ってしまうと、軽トラの荷台約半分の荷物に減り、さほど苦労せず引越ができました。

引越し会社のアートは、テレビコマーシャルで見て知るところでありました。イメージキャラクターがドラえもんだったので、子供からの意見で引越しのアートを選択しました。引っ越しのトラックにはどらえもんが書いてあって、子供にとっても楽しい引越しができました、料金やサービスもとても良く、引越しのアートを選択し良い結果となりました。

引越し先でも現状通り変わらず母子手帳を使うことができます。転出時に手続は行わなくてもいいですが、妊婦健診に使う補助券などは各自治体によってさまざまなので、転入先の役所で質問しましょう。産後の際は、転入の時期によって乳幼児健診のきっかけがあわない場合があるので、受け漏れがないよう用心してください。

移転をして住所が変わった場合には国民年金の、居所の変更届けを出す必然性があります。当人が加入者である「国民年金第1号被保険者」の実例は新居住地の窓口に、被保険者住所変更届を提出します。「国民年金第3号被保険者」の例では、配偶者が就労する事業主に被保険者住所変更届を提出しなければいけません。

私が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物と一緒に荷造りするか悩みました。私たちには車があったので、主人が細かい荷物や貴重品と合わせてパソコンものせ新宿に持ち運ぶことにしました。PCはどれだけ梱包しても、もしも、誰かが起動させたら、個人情報が盛りだくさんなので、とても不安にかられたからです。それでは、今日はこの辺で!また~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です