何年か前、旦那の転勤を理・・・

みなさん、こんにちは。お元気ですか。何年か前、旦那の転勤を理由に引越しすることとなりました。主人、私、共に実家暮らしで、引越しというものを経験したことがありません。経験がないながらにやれるだけ安くやろうと自ら梱包しました。段ボールとガムテープは業者に借りられましたが、あと、新聞紙は必須アイテムでした。割れ物を包むほか、緩衝材として使って便利なものでした。

引越しの前日の作業として忘れるわけにいかないのは、冷蔵庫の排水です。水の抜き方が分からない人は冷蔵庫のコンセントは最低限抜いておくことです。当然、中身は取り出してください。それをやらないと、当日冷蔵庫の運搬ができないかもしれません。

今まで引越しを行ったら、必ず隣近所、そして、大家さんに挨拶回りをしています。その時に持っていく品は、食べ物に決めています。タオルが一番無難だと、思いながらも、何となく残念が感じが漂っているからです。気の使わなくて良いような手頃な和菓子を買って、手渡すようにしていますが、割りあい喜ばれています。

引っ越しをプロに依頼する場合、布団はどのようにしたらいいんだろう?と考えるかもしれませんが、これは事前にチェックしておくべきでしょう。大体の場合、引越し屋は引越し当日、オリジナル布団袋を用意してくれ、それに入れて汚れがつかないよう、運搬してくれます。

我々家族は最近、三回目となる引越しをしました。引越しをすることは毎回大変ですが、慣れてしまいました。荷造りから荷ほどきまで、ほとんど私の仕事です。夫は毎回家電、家具など大きいものを掃除や片付けをしてくれます。しかし、今回は洗濯機の水抜きを忘れてしまったようで、新居の洗面所が水びたしになりました。引越しには、ダンボールに荷物を入れていく作業は面倒でもやらなくてはいけないことです。やっておいたほうがいいこととしては、重量があったり壊れやすいものは小さい箱へ、かさばるものは、大き目の箱に詰めていくという基本的なことです。また、ダンボールには詰めたものの名前だけでなく、引越し先の運ぶ部屋まで記しておくと引越しのときに、自分も業者も助かるはずです。引越し先で近所の家へ挨拶に行くのなら、引越しをしたその日に挨拶した方がいいと思います。引越しの騒音などで、迷惑が及んだお詫びも兼ねて、礼儀正しく挨拶をしておきましょう。引越しを行う前に、一言挨拶をしておくのも好ましいかもしれません。どうなったとしても、可能な限り早めに挨拶に行った方が、良い印象を与えます。

住居を移転する際、トラックを停止したり、一時的に荷物を通路に置いたりするため、あらかじめ隣近所の家に挨拶に行くのが世間の常識です。車の出し入れや通行に差し障るので、あらかじめ了解を得ておくと後々のトラブルも防止できます。引越し会社に依頼した時は、そのような事も代行してくれます。引越しにつきものなのが粗大ゴミ整理です。引越しする時に、捨てるのは大変なことですから、早いうちに大きな粗大ゴミは捨てていくことをすすめます。荷物をまとめ始めるのとほぼ同時に粗大ゴミを処分すれば、楽になります。処分する日を前もってチェックしておくことがおすすめです。それでは、今日はこの辺で。有り難う御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です