引越し時のちょっとしたコ・・・

皆さん、こんにちは。引越し時のちょっとしたコツとは、新居の間取りを頭に入れておいて、荷造りなどの引越し準備をするということです。段ボールに荷物を詰め込む時に、荷物をどの部屋に収納するのかをあらかじめ決めて、段ボールの外側に記しておくと新しい家に着いてから余計な動きを省けます。そして、手続きをする必要のあるものは順に計画的にこなしていくと良いです。

引越しのときは、古いテレビの処分を思い立ち、新型の大画面テレビを手に入れました。新居のリビングはすごく広いので、大画面で綺麗な画像で、テレビを視聴したいと思ったからです。新品のテレビにするだけで、リビングの印象が一変し、華やかな空間になって大満足です。引越し会社に頼まず自力で行うことがあるでしょう。特に、近距離の引越しだとトラックやその他乗り物を使わずに荷物の移動ができるでしょうが、台車を準備しておいた方がよいです。室内の移動時には想像しにくいかもしれませんが、ちょっとの家具であっても意外に重たく感じるものなのです。

転居が完了すると必ずくるのが、新聞屋とNHKじゃないですか?みっちりと引越しを見ていたかのようにすばやい対応ですよね。最近は、パソコンが当たり前の時代なので、だいぶ、昔よりは断りやすいと思います。ニュースはネットで見れますから、テレビがつながっていなくてもぎこちなくありません。これにより、NHKの受信料は払う心配はありません。家族揃って今年の春に引っ越しを経験したのでした。その時住んでいた家の建て替えの為に側にあった一軒家へと引っ越しをしました。荷物の移動は友人に手伝ってもらったので、引っ越し費用に関してはかかりませんでした。ただ一つだけ苦労したことは、私が幼い頃から使っていたピアノだけが本当に重く、運ぶ際に苦労をしたことです。

引越しの前日の作業として抜かせないのは、冷蔵庫のたまった水を捨てることです。水抜きの方法を知らない人は最低でも冷蔵庫のコンセントを抜くべきです。当然、中を空にしてください。そうしなければ、当日冷蔵庫が運べないかもしれません。

単身赴任の引っ越しを行ったときに、業者さんへ慣例として渡すことの多いと聞いた心付けをどれくらい包めば良いのか家の者と相談しました。引っ越しといっても単身赴任のためのものなので小規模でスタッフは2人だけで行われていましたし、作業そのものにも1時間ちょっとしかかかりませんでしたので、結果的には2人にお茶をふるまったくらいで心付けについては今回は渡しませんでした。

一般的に、引っ越しをする場合、nhkには住所変更の一報を出すことが義務です。転居の機会にnhkにお金を払う事をやめたいと思っていても、nhkは解約にはそうそう応じてはくれませんが、テレビを廃棄したり、他の人に譲ったことをどこからどうみても、証明できる状況であれば解約することが可能です。

家を購入したので、よそに行きました。東京都から埼玉県へ転移します。メンテナンス等で力を貸してくださるディーラーの方にナンバープレートの変更はどうするのかと聞かれました。運輸局で手続きをする必要があるということなのですが、実際にはほとんどの人はやらないそうです。私も東京のナンバープレートのまま使用しています。では、また明日( `・∀・´)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です