引越しのその日にやること・・・

こんにちは。今日は引越しのその日にやることは2つあります。まずは、出ていく部屋では荷物を搬送したのちに管理会社の立ち合いで部屋の状態を調査することです。ここで大きな汚れや傷を確かめますが、この点検が敷金の相殺や別途クリーニング費用の請求に左右します。新居ではガスの元栓のオープンが不可欠です。これは業者の立ち合いが絶対です。引越し業者から契約時にいわれると思いますが、引越しの前日には、冷蔵庫の電源は抜いておくべきでしょう。理由はというと、冷凍庫についた霜を溶かし、移動前にあらかじめその出てきた水を取り除くことが可能になるからなのです。あらかじめ水を取り除いておくことによって、引っ越し作業の際に、他の荷物や家の設備などに水が掛かることを防げるのです。

引越しをする場合、電話関連の手続きも不可欠です。ただし、固定電話じゃなく、携帯電話しかない場合は、各携帯ショップに行って手続きするか、ネット上で手続きするかだけで、すぐに終わらせることができます。近頃の人は、固定電話を契約しないケースが大半を占めています。仕事先が変わった事により、転居する事が決まりました。東京を出て仙台です。インターネットの光回線も元より、注視する事になります。次項は、光回線ではなく、ADSLかWIFIにしようかとの腹積もりでいます。最近、仕事が多忙で、ネットをさほど使わなくなったからです。

引越しのアートは、CMで見て見知っていました。イメージキャラクターがドラえもんだったので、子供が希望することもあり引越しのアートにお願いしました。引越しのトラックにもドラエモンがプリントされていて、子供にとっても引越しが楽しかったようです。料金やサービスも満足し、引越しのアートに頼んだことは良い結果となりました。

私たちが埼玉県から東京に移り住む時、パソコンを荷物に入れパッキングするか悩みました。自分たちには車があったので、主人が細々した荷物とか必需品と同じくパソコンものせて新宿に持ち運ぶことにしました。PCは目いっぱい梱包しても、万が一、誰かが電源を入れてしまったら、個人情報があふれているので、すごく心配だったからです。転居するにおいて殊の外気になる事は、これらの費用だと思います。近頃は、一度の見積もり等、充実してきており、その中で一番安価な引越し業者を選ぶ事もいくらもあるでしょう。ただ、料金が安いということだけに捉われていると、サービスの質がそっちのけになる事もあるので、丹念な注意や確認が必要です。引っ越しの市価は、おおまかに決まっています。A企業とB企業において、1.5倍も異なるというような事は考えられません。当然、同じなサービス内容という事を前置きにしています。結果、一般価格より安価だったりするのは、当日のトラックや作業員が空いていたりするケースです。

マイホームに引っ越しした場合には、隣のお宅に挨拶しに行ってきました。ちょっとしたお菓子を買って、のしを貼らぬまま渡しました。初体験だったので、少々緊張しましたが、マイホームなるものはこの後、ずっと住み続けるところなので、お隣さんたちとは、友好的に気持ちのよい生活していきたいと思ってご挨拶に行って来たのです。それでは、また!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です