引越しので、荷物をまとめ…

突然ですが、引越しので、荷物をまとめる際に皿やグラス等、割れやすい物はタオルや洋服などで梱包しますいらなくなった雑誌。新聞紙もいいですが、思ったより量が多くなり、処理することが困難です。転居が完了すると、多くの空ダンボールが発生しますし、それに加え紙くずも出ると意外とスペースを取ってしまいます。

引越しをする場合には、引越し業者を利用するのが、平均的なことだと思われます。その場合に、飲み物などの差し入れをしたりはしますが、チップなどを業者に渡す必要はございません。海外に行くとチップは広く用いられていますが、日本国内であるなら、行わなくてもよいでしょう。

私は引っ越しを行ったのを機に、持っていた不用品を買い取ってもらうことにしました。家具や洋服など、いろいろと出てきました。業者の人に家に来てもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。すると、思いがけない査定額となりました。私の不用品が、お金へと変わったのです。とてもありがたかったです。

引っ越し準備の諸々は、決して楽ではありません。片付けは慌てる必要はないものの、準備は引っ越しするその日までに終わらせておくべきです。不精者の私は、いつから準備にとりかかろうかと考えるにもかかわらず、結局ギリギリになって慌てて準備を始めるタイプです。

何年か前、旦那の転勤を理由に引越しという経験をすることとなりました。主人も私も自活の経験がないままで、引越ししたことがありません。経験がなくとも出来る限り安価に抑えたいと自分たちでの梱包となりました。段ボールとガムテープは業者に借りられましたが、他にも、新聞紙が必要でした。壊れ物を包むためと、緩衝材として使って便利なものでした。住居を移転すると、電話番号の変更があり得ます。同一市区町村内の引越の際でも、収容局が変更すると、本来の電話番号が使用停止になるでしょう。電話番号が変わったアナウンスを入れてもらうこともできますが、転居後の住所と変更後の電話番号も必要なところには伝えておいた方がいいです。それでは、今日はこの辺で。また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です