引っ越しのための準備作業・・・

こんにちは、お元気ですか?引っ越しのための準備作業は、すごく手間暇がかかります。片付けは慌てる必要はないものの、引っ越し準備は当日までに終えておかねばなりません。怠け者の自分は、いつから取り掛かろうかと考えつつも、最終的には直前になってから慌てて作業し始める性格です。マイホームに転居した際には、隣のお宅に挨拶しに行ってきました。ささやかながらお菓子を購入し、のしはつけずにお渡しました。初めての体験だったので、少々緊張を覚えましたが、マイホームというとこの先継続的に住み続けるところなので、お隣さんたちとは、仲良く気分のよい生活していきたいと思って挨拶に出かけたのです。

実際に引越しをするとなると、大量の荷物を入れた段ボールをあちこちに運んだり、業者さんと一緒になって家財道具を移動させたりと大忙しです。一定時間行っていると、手のひらは真っ赤になります。業者さんの手はというと、きちんと軍手をされています。引越し業者に引越しの依頼をするにしても、自分専用の軍手を必ず必須です。

転居はいくらかかるのかという概算はできるだけ早くに頼むと良いでしょう。転居間際で見積もり依頼をすれば、バタバタで決めてしまいがちです。それと、早めに、引っ越しの業者にお願いする方が引っ越しの費用も抑えられるでしょう。引っ越しまでのスケジュールがあまりないと、業者を選べる余地がなくなったりすることもあるので、注意してください。引越しを業者にお願いする場合、ハンガーにぶら下がっているコートなどの服をあらかじめ外して畳んだりしておくことは必須ではありません。業者がハンガーがかけられるビッグな段ボールを持ち込んできてくれて、それに入れ保たれた状態で、トラックで搬送してくれます。折り目もつかないので、いいですよね。あらかじめ引越し業者の指示があると思いますが、引越しの前日には、冷蔵庫の電源は抜いておくようにしましょう。なぜかというと、冷凍庫についた霜を溶かして、溜まった水を前もって取り除くことが可能になるからなのです。前もってこうしておうことで、冷蔵庫を移動させているときに、他の荷物や家の設備などに水が掛かることを防ぐというメリットがあります。では、また明日( `・∀・´)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です