引越しの前日にしなければ・・・

引越しの前日にしなければいけないこととして忘れるわけにいかないのは、冷蔵庫の水を抜いておくことです。排水の仕方が分からない人は最低でも冷蔵庫のコンセントを抜いておいた方が良いです。簡単なことですが、中には何も入れないでください。そうでなければ、当日冷蔵庫の運搬に問題が生じる可能性もあります。

引越しが終わってから、ガスを使用する手続きを執り行わなければなりません。でも、ガスはお風呂をかわきりに料理のために早急に必要なので、成しうる限り引越し当日に済ませないと、新居でお風呂が使えなくなります。冬は、家のお風呂以外の利用はきついので、早めに受け付けておいた方が妥当かと思います。

引越しを行うにあたっては、引越し業者を利用するのが、よくあることだと思います。そんな場合に、ジュースなど飲み物の差し入れをしたりはしますが、チップなどは必要ありません。海外に行くとチップは広く用いられていますが、日本の中なら、行わなくてもよいでしょう。家を引っ越すにあたって、住んでいた家が借家だった場合は原状回復の義務というものが発生してきます。原状回復の義務というものは、家を借りていた時に傷つけた箇所や壊れた物等を住む前の状態に戻す為のお金を払う義務のことで、通常はその分を敷金から引かれて、残ったお金が手元に戻ってくるといった形になります。

引越しの際必要なガスの解約は、転居する日よりも前から申し込めるので、忘れないよう余裕をもってネット等から申し入れしておく方がおすすめです。しかし、引越し当日に立ち会いが必須になる場合があるので、時間の選び方に用心するようにしてください。

私も転居した際に車の免許の住所変更をしました。移動をしないと、更新の手立てが順調にできません。住民票を動かすのと同じように速やかに運転免許も変更しておいた方が先行きが楽です。失念せずに、行っておきましょう。

普通は、引越しに追加料金を取られることはありません。ただし、それは、引越し業者の見積もりが事前にあった場合や申告した荷物の量が正確な場合です。引っ越し業者というのは、作業にかかる時間やトラックの大きさで引越し料金を出しています。もし、大幅にオーバーしてしまう時には、追加料金が発生するでしょう。引越しの荷造りは、とても煩わしいものです。慌てて片付ける必要はありませんが、準備は引っ越しの当日までに終わらせる必要があります。面倒くさがりな自分は、いつ準備に手をつけようかと思ってはみるものの、最終的には直前になってから慌ただしく準備をする傾向にあります。

私が移り住んだアパートはペット飼育禁止のアパートです。しかし、この頃、お隣から猫の鳴き声が感じ取れるように変化しました。大家もそれを認識しており、幾度も警告をしたようですが、「育ててない」としか言わないそうです。それでは、また!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です