引越しの時というのはいろ…

まいど!引越しの時というのはいろいろと手続きが必要ですが、仕事をしている場合に特に大変なのが市役所でしかできない手続きです。住民票の転出と転入の手続きがあるので、最低でも二度は行かざるを得ません。平日しか市役所は開いていないので、引越し以外にもまた休みを取らなければならないという羽目になってしまいます。私が探し住んだアパートはペットと住んではいけないアパートです。しかし、近頃、隣からネコちゃんの鳴き声が感じられるように変わりました。大家もそれを気づいており、何回も、何回も、苦言をていしたようですが、「飼育していない」の言葉だけだそうです。

住み替えするのですが、その料金がいくらくらいになるか非常に不安なのです。仲間が以前、単身での転出をした時には驚くくらいの支出となっていました。その話を耳にしていたいので、私は一体いくらくらい必要になるのか心配になっています。まずは何社かの引越し業者に見積もりをとってもらおうと考えています。

引越し業者はたくさんあるので迷ったのは事実です。周りの人や口コミなどを参考に見聞きするものの、その時来た、営業さんやバイト君の対応ひとつで、いい評価、悪い評価もあって、最後には、アリさんマークとパンダ引っ越しの対決になりました。公団から新築住宅へ引越した訳ですが、スムーズに、引越し作業をしてもらい、アリさんに感謝しております。

近い場所への引越しの際は、大手の引越しの業者に比べ、地元密着型の引越し業者の方がより良いこともあります。地域の引越し業者は、低価格で細かな要望でも応えてくれるところが多いです。また、自分で運ぶことができる荷物は自分で運ぶようにして、大型の家具、家電のみ業者に依頼すると、引越し費用を削減できるかもしれません。

以前、自分の単身赴任の引っ越しを行ったときに、業者さんへ渡す心付けの金額をいくらにしたらよいのか家内と少し、相談しました。引っ越しといっても単身の引っ越しなので、スタッフは2人だけで行われていましたし、作業そのものにも1時間ちょっとしかかかりませんでしたので、結果としてはお茶を出してお礼を言ったくらいで心付けについては今回は渡しませんでした。ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です